1/72,2048円,セット,ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 戦車,WW.II,/anopheline593416.html,cayaconstructs.com,ソビエト軍,KV-1KV-2,【プラスチックモデルキット】,ペガサスホビー,重戦車 2048円 【プラスチックモデルキット】 ペガサスホビー 1/72 WW.II ソビエト軍 重戦車 KV-1KV-2 セット ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 戦車 プラスチックモデルキット ペガサスホビー 1 72 WW.II KV-1KV-2 ソビエト軍 重戦車 セット 一部予約 1/72,2048円,セット,ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 戦車,WW.II,/anopheline593416.html,cayaconstructs.com,ソビエト軍,KV-1KV-2,【プラスチックモデルキット】,ペガサスホビー,重戦車 2048円 【プラスチックモデルキット】 ペガサスホビー 1/72 WW.II ソビエト軍 重戦車 KV-1KV-2 セット ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 戦車 プラスチックモデルキット ペガサスホビー 1 72 WW.II KV-1KV-2 ソビエト軍 重戦車 セット 一部予約

プラスチックモデルキット ペガサスホビー 人気ブランド多数対象 1 72 WW.II KV-1KV-2 ソビエト軍 重戦車 セット 一部予約

【プラスチックモデルキット】 ペガサスホビー 1/72 WW.II ソビエト軍 重戦車 KV-1KV-2 セット

2048円

【プラスチックモデルキット】 ペガサスホビー 1/72 WW.II ソビエト軍 重戦車 KV-1KV-2 セット



プラスチックモデルキット
コード:0707600076656

【実車について】
第二次世界大戦中、ソビエト軍が開発、配備した重戦車がKVシリーズです。
重装甲を誇り東部戦線ではドイツ軍を悩ませる存在として活躍しました。主砲に76.2mm砲を搭載したのがKV-1で1939年に登場。
40年型では25mm~35mmの追加装甲を砲塔などにボルト止めして強化したタイプも作られました。
さらに、KV-1の車体に大型の砲塔と152mm榴弾砲を搭載したKV-2も開発。全高3メートルを超える姿はドイツ軍兵士から「ギガント」と呼ばれて怖れられたのです。
どちらもエンジンには水冷のV型12気筒550馬力のディーゼルエンジンを搭載。
対フィンランド戦から実戦参加し、傑作戦車といわれるT-34戦車とともに第二次大戦で活躍を続けたのです。

【モデルについて】
セットは第二次大戦で活躍したソビエトの重戦車、KV-1とKV-2が1両ずつ入ったキットです。
車体下部は一体成型パーツ。足回りは履帯と外側のロードホイール、スプロケットホイール、アイドラーホイールまで一体でパーツ化し、内側のロードホイールにはサスペンションアームを一体で再現。手軽な組み立てを実現しています。
KV-1の追加装甲は別パーツで表面のボルトも再現されたディテールが力強さを感じさせる仕上がりです。
巨大なKV-2の砲塔も存在感ある形をしっかりと再現しています。
車体上部もボルトなど細部のディテールを含めて一体成型。
KVシリーズの重量感も伝わります。
少ないパーツで組み立ても手軽なモデルです。
単品での仕上げはもちろん、情景製作も楽しんでいただけることでしょう。

【主な特徴】
■KV-1とKV-2を1両ずつセット
■1/72スケール
■KV-1の追加装甲は別パーツで表面のボルトも再現
■KV-2の砲塔は、その形状もしっかりと再現
■足回りは履帯と外側のロードホイール、スプロケットホイール、アイドラーホイールまで一体でパーツ化

【プラスチックモデルキット】 ペガサスホビー 1/72 WW.II ソビエト軍 重戦車 KV-1KV-2 セット

LinuCレベル1/レベル2 Version10.0とLinuCレベル3は、今までの試験センターでの受験だけでなく自宅や職場など、受験しやすい場所で受験できるようになりました。

仮想化技術やオープンソースの文化など、Version10.0から新たに出題範囲として追加となった技術領域について特化した学習教材です。初心者にもわかりやすく解説をしています。

LinuCレベル1 101試験を不合格時に無料で再受験!申し込み方法は簡単。受験場所に「自宅または職場のオンライン」を選んで「プロモーションコード」を入力するだけです。

クラウド時代の即戦力であることを証明する
Linux技術者認定資格「LinuC」

証明できる技術対象領域は、オンプレミスだけではなく「クラウド環境」まで

あらゆるところでOSSが使われる今だからこそ必要な「オープンソースのリテラシー」

システム環境の多様化に対応したシステム設計ができる「システムアーキテクチャ」

LinuCレベル1
Version 10.0

物理/仮想環境の
Linuxサーバーの構築・運用

LinuCレベル2
Version 10.0

仮想マシン・コンテナを含む
Linuxシステム、ネットワークの設計・構築

LinuCレベル3

各分野の最高レベルの
技術力を持つ専門家レベル

LinuCレベル1 /レベル2 Version 10.0は、クラウド時代に活躍する全てのIT技術者が身につけておきたい内容を網羅すべく生まれ変わった、新しい「LinuC」です。

  1. 現場で求められている技術要素に対応
    • ・クラウドを支える仮想化技術領域に拡大
    • ・オープンソースの文化への理解を追加
    • ・システムアーキテクチャの要素を導入
  2. 全面的に見直した出題範囲
    新しい技術要素の追加はもちろん、古い技術の削除や入れ替え、出題構成の見直し、出題範囲の記述の詳細化と平易な説明文への変更と併せて、学びやすさ教えやすさを実現
  3. Linuxにとどまらない認定領域
    Linuxシステムの構築・運用に関わるLinux技術者にとどまらず、クラウドシステムや各種アプリケーション開発に携わるIT技術者にとっても有効な技術認定へ発展

LinuCは、中立・公正にLinux技術者の技術力を3つのレベルで証明することができる認定資格です

教育機関・法人の皆様向け

お知らせ

お知らせ一覧

LPI-Japanについて

認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本における
ITプロフェッショナルの育成、さらには関連するビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

ページトップへ